オフィス移転を検討したら読みたいポイント

オフィス移転は会社の規模を縮小する時、会社の規模を大きくする時、経費を節約する目的で現在の家賃よりも安い物件を見つけた時など、移転する事で様々なメリットに繋がって来ます。特に、家賃が安いオフィスに引っ越しをする事は毎月の固定費削減効果を期待出来る、移転先が駅から近い場所などでは、人材募集を行う時に人が集まりやすいなどのメリットもあります。移転には引っ越しが必要不可欠で、引っ越し前の準備作業と引っ越し後の作業があります。引っ越し前の準備には移転先オフィス探し、引っ越し業者の選定、不用品の処分、新オフィスのレイアウト作成、電話工事や電気工事などの手配、新オフィスで利用するオフィス家具類の購入手配などやらなければならない事が多数ありますし、移転後には所轄に対する届けなども必要です。

移転に伴いやらなければならい事

オフィス移転を計画した時、最初にやるべき事は新オフィス探しです。不動産会社に希望エリアにある物件を紹介して貰う事になりますが、オフィスの広さや駅からの距離、家賃などについて条件を決めた上でオフィス探しをする必要があります。新オフィスが決まった後は、オフィス内のレイアウト作成する、引っ越し業者を決めるなどになりますが、引っ越し業者を決める時には数社に対して見積もりを依頼し、金額を比較する事が大切です。オフィスの中にある机や椅子などのオフィス家具類など不要なものはオフィス家具を買い取りしてくれる会社に引き取って貰えば、廃棄費用を節約出来ます。会社の中で利用する電話はビジネスホンと呼ぶもので、交換機などの移設が必要になるので電話工事が必要です。電話工事や電気工事は事前に手配をしておく部分でもあり、移転が決まった段階でやるべき作業のリストを作成しておくと便利です。

移転後の手続きには何があるのかをリスト作成

オフィス移転は会社の住所が変わるものであり、会社の住所が変わると税務署や社会保険事務所、ハローワーク、労働基準監督署、法務局などの所轄に対しての届け出を行う必要があります。届け出の中には移転後速やかに行わなければならないものもあるので、移転が決まった段階で、税務署にはいつまでに届け出をしなければならないのか、届け出を行う時に必要な書類は何を揃えなければならないのかなど、事前にリストを作成しておくと便利です。特に、税務署への届け出は、本店移転登記申請書、事業年度や納税地、その他の変更異動届け出書などを、新・旧納税地所轄税務署に対して、異動後遅滞なく行う必要がありますし、届け出を行う時には移転手続き完了後の登記簿謄本なども必要になるので、法務局の登記所で本店もしくは支店の移転登記申請を最初に行っておく必要があります。