オフィス移転を滞りなく行うための極意

オフィス移転にはさまざまなメリットがあります。例えば企業の発展に伴い人も事務所も増えている状態の場合、移転して一つの大きな事務所を借りることで、家賃や機器類をまとめて固定費を削減するだけでなく、動線なども見直すことで業務効率を上げるといったことも効果として期待できるのです。しかし、そんなオフィスの移転は、同時にかなりのリスクも伴います。通常業務をこなしながらの移転プロジェクトはかなりの負担となりますし、トラブルが起きることも想定されるでしょう。では、移転を滞りなく行い、その成果を最大限に出すためにはどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。実は、移転をして後悔することになってしまった、という事が無いようにする極意がいくつかあるのです。

オフィス移転の極意は事前の計画にあります

オフィスを移転するということは、単純なことではありません。検討段階から実際の移転に必要なことまで、手続きしなければならないこと、そして検討しなければいけないことが数多くあります。例えばまず移転するにあたっては目的を明確にし、移転先の希望条件をおさらいすることが必要です。特に重要なのは立地と広さでしょう。また、現事務所の解約に関する手続きや原状回復費用なども確認する必要があります。また、新事務所についてもレイアウトはもちろん最重要ではありますが、インフラの移設手続きや工事など、やらなければいけないことは多くあります。これらをまず全て洗い出し、重要度を付けると同時にスケジュール化して消し込んでいけるようにすることが非常に重要なことだと言えるでしょう。

移転における作業全てを任せられる業者を探しましょう

ただ、これらの作業のプロという人員は社内に必ずしもいるとは限りません。オフィス移転はかなりのプロジェクトになりますし、その手続きや作業を経験したことがある、という人はかなり少ないでしょう。そこで頼りになるのが業者の存在です。特に、移転の全ての工程を一括で任せられる業者に依頼すれば、安心して移転のプロジェクトを進めることができるでしょう。また、全てを一括して任せることができればコスト削減にもつながりますし、社内の移転担当者もやり取りする相手が一つの業者のみとなりますので、負担はかなり軽減されます。他にも、そうした業者ならば経験も豊富ですので、オフィスレイアウトなどについても良い提案が得られるかもしれません。オフィス移転については、事前の計画が重要であると同時に、業者の選定が重要だということはお分かりいただけましたでしょうか。移転については、全てを任せられる業者に依頼して、移転を滞りなく行えるようにすることがおすすめです。