低価格でクオリティの高いオリジナルTシャツを作るコツ

安くてクオリティの高いオリジナルTシャツを作るコツは、フルカラーのインクジェットプリンターで印刷することです。Tシャツにインクを吹きかけてプリントするので製版代が不要で、おまけに色数は無限にあります。写真のプリントもすることが出来ます。プリントする素材は、綿100パーセントのものがおすすめです。綿やポリエステル混紡のポロシャツなどへもプリントできるのですが、綿の混紡率が最低でも50パーセント以上のものが綺麗に仕上がります。1枚からでも安く作れ、色数を気にすることなく、フルカラーで印刷することも可能です。また、グラデーションや写真などの濃淡の表現はもちろん、小さな文字や微妙なかすれ感、そして細い線などのかなり細かなデザインもプリントが出来ます。仕上がりや価格面でもっとも理想の素材は、綿100パーセント素材の白色のTシャツです。

オシャレで低価格なオリジナルTシャツは白いTシャツにプリントして作るのがおすすめ

オリジナルTシャツを安く作るためには、原価となるコストはやはり無視できません。仕上がりや価格面でもっとも理想的な素材は、綿100パーセントの素材の白色のTシャツです。Tシャツの色が白の場合、そのまま直接プリント加工ができるので、価格が安くなるのです。この方法でプリントしたオリジナルTシャツを仕上がった後、家庭用洗濯機で数回洗濯しても色落ちは全くしません。また、Tシャツは様々な種類の素材があります。例えば、綿やドライ素材のポリエステル、レーヨンを含んでいる素材などでは、プリントの条件が違っています。さらに、同じ素材でも色によってプリント方法が異なることもあります。とにかく、白色で綿素材のTシャツが一番安くてクオリティが高いプリントが出来る方法になるので、是非試してみることをおすすめします。

低価格のオリジナルTシャツは色の淡い生地でも作れます

また、低価格なオリジナルTシャツは、色の淡いTシャツでも多少の色の変化が気にならないようなデザインの場合は、作ることが出来ますが、デザインが生地の色の影響を受けるため、仕上がりが元の色味とは違った感じになります。綺麗に仕上げるポイントは、なるべくデザインの色に近い同系色の生地を選ぶことです。反対に、青に対しての黄色や、赤に対しての緑などは、補色といって真逆の色になるので、仕上がりが黒っぽくなります。また、デザインと色の組み合わせによっては、仕上がりがイメージしにくいこともあるので、量産する時は一度サンプルを作成した方が良いです。さらに、黒インクでのプリントの場合、黒が一番強い色なので、有色Tシャツへの直接プリントも可能です。さらに、濃色のTシャツでは、白インクのみ でプリントしても低価格でオシャレに仕上げることが出来ておすすめです。