年齢別似合うオリジナルTシャツデザイン一覧

年を重ねるとカジュアルな服がしっくり来なくなりがちです。特にTシャツは部屋着に見えたり、体型の気になる部分が目立ってしまったりして着こなすのが難しくなります。その原因は、加齢で体のシルエットが変わり、サイズ選びを間違えてしまうことや、肌の血色やハリが変化することで似合う色が変化することにあります。若い時には何を着ても違和感がなかった人でも、35歳を過ぎる頃には少しずつ服装を見直し始める時期です。そこで、自分に似合うオリジナルTシャツを作ってみるのはいかがでしょうか。様々な形や色、素材を選び、オリジナルの柄をあしらった独自のTシャツを作れるサービスがインターネット上にもいくつもあります。家族や友人同士でおそろいのTシャツを作ることもできます。世界に一つだけのオリジナルTシャツ作りに挑戦してみませんか?

30代後半からのTシャツの選び方

オリジナルTシャツを選ぶ際、見るべきポイントは首元とサイズ感です。アラサーやアラフォーの場合、上半身ががっしりしていて厚みがある方は、首元はVネックにするとスッキリとして見えます。素材は薄手のものだと安っぽく見えてしまうので、厚みがあるものを選ぶとカジュアルすぎない着こなしができます。体系カバーのつもりで流行りのオーバーサイズを着てしまうと、部屋着のようにリラックスしすぎて見えてしまいますのでジャストサイズを選ぶと良いです。逆に細身の方はTシャツを着こなすのが得意な方が多いかと思いますが、特にUネックやクルーネックなど首元があまり開きすぎないものが似合います。ボーダーなどの柄物や膨張色も違和感なく着ることができるでしょう。この場合も、サイズは体に合うものを選んだ方が上品な大人の着こなしになります。

50代に近付いて体型が変わって行く時

加齢で筋肉が減り体のシルエットが緩んでくると体型カバーをしたくなりますよね。オリジナルTシャツをゆったりしたサイズにしたい時は、袖口が広く腕が通しやすいことと、おなか回りの余裕を見ます。その上で肩の位置が合っているか、丈が長すぎないかを見ます。首元は女性であれば鎖骨が見える程度に開いているものを選ぶと女性らしい印象を与えることができます。胸周りの薄さが気になる場合は深いVネックは避けましょう。色を選ぶ時は真っ白や真っ黒だと顔色が悪く見えてしまうこともあります。白でもアイボリーやオフホワイトのような他の色が少し混ざったものを選ぶと似合うものが見つかります。Tシャツは顔のすぐそばにある衣服なので、顔色が良く見える色合いを普段から意識して知っておきましょう。自分に似合うものを知ることで、何歳になっても好きなファッションを楽しみましょう。