忘れてはならないオフィス移転のチェックポイント

オフィス移転には多くのやるべきことがあり、それらをステップに分けてひとつひとつ行っていく必要があります。チェックポイントを設けて、重要なポイントを項目分けしておくことによって作業も捗るでしょう。まずは移転計画の立案から始まり、計画、移転による費用、運営管理といった移転に伴う最初のコストや時間的制約を割り出していきます。次は移転スケジュールとなり、比較的小規模な企業や法人でも、移転には専門の移転業者サービスを利用することが多いとされています。そして移転に関する全体的なコストのプランニングに入ります。移転サービス業者は多くあり、なかにはコストプランニングに関して相談できるサポートサービスを行っているところもあるため、業者選びも重要なチェックポイントと言えるでしょう。

移転に伴うプランニングについて

オフィス移転は計画的でなくてはならず、チェックポイントを設けて段階的に進めていく必要があります。まずは移転による計画が第一のチェックポイントになります。移転の理由や目的、新しいオフィスに求める条件や環境を細かく明確にしておきます。そしてオフィスコストや生産性、オフィスワーカーの満足度や認知性、施設運営費の把握と設備導入の金銭的計画、そしてメンテナンスなどの維持に関するポイントをプランニングの中に盛り込んでおきます。次に現オフィスの解約期間をチェックします。賃貸オフィスの場合解約の約半年前にオーナーに申し出る必要があるため、プランニングと同時進行で解約までの期間を調べておきましょう。解約予告期間内は賃貸料なども発生するため、それも移転資金の計算に入れておくと良いでしょう。

移転スケジュールとコスト、移転業者について

オフィス移転のプランニングにおいて、全体的な移転スケジュールの管理は最も重要なチェックポイントと言えるでしょう。昨今ではインターネットのウェブサイトで、基本的な細かなスケジュール表をダウンロード、コピーできるため、活用すると良いでしょう。移転におけるコストも重要なポイントで、世に多く出回っている移転業者との兼ね合いも大切になってきます。できるだけ格安で移転を業者に依頼したい場合は、インターネットのオフィス移転業者比較サイトなどを活用し、使用できる資金と見比べることもできます。移転業者にもそれぞれ強みがあり、移転に伴って最適のオフィス環境をプランニングしてくれる業者もあれば、単に引っ越しのみをサポートする格安業者まで多種多様となっています。そのため企業側でどこまで移転に関するプランニングなどができるかを見極めることも重要なチェックポイントとなります。